彼氏にするなら外国車に乗ってる人がいいな

同じクラスのさゆみは、グループ内でもかなり目立っている。私は同じグループじゃないので、お弁当の時間も離れた席にいるのだが、いつも離れた席にいる私のところにまで、さゆみの甲高い声が届いてくる。甲高いというか、癇に障る声だ。自分のことをさゆみと名前で呼び、人が食べてるお菓子を指して、それ、さゆみも好きそう?などと聞いてくる。自分の好みはクラスの誰もがわかっていて当然と言うわけだろうか。彼氏にするなら外国車に乗ってる人がいいななどと、いかにも自分は彼氏を選ぶ立場の人間だといわんばかりのものいいだ。

【MAZDA】ロータリーエンジン | マツダのクルマづくり

だいたい外車に乗っている人がいいだなんて、ずうずうしいにもほどがある。さゆみがお父さんの車に送られてくるのを見かけたことがあるが、うちの車よりも古い、親父くさい国産車だった。

toyota.jp WISH | 安全性能 | 衝突安全

ポルシェの車高の高いやつがいいとか、外車に詳しいことをアピールしているつもりだろうか。それはきっとカイエンのことを言っているのだろう。あんな古い親父セダンを乗っている彼女の親に、乗りこなせる車だとは思えない。もちろんそんなレアな車を選ぶ男性が、たいして可愛くもないのに自分は選ばれた人間だと思っているさゆみは選ばないだろう。

廃車 買取

私?私だったら、外車に乗っている男性は否定しない。ただ、外車に乗るならそれなりの、地位や身分の人がいい。仕事ができて収入もあるが、それをひけらかさない人。そこにあるだけで絶対的な存在感がある高級外車のような人がいい。コロコロとモデルチェンジをしなくても、洗練された内装は飽きがこなくて、安定した高速走行ができる、昔から人気のある外車のような、確かな自信を秘めた人間性に惹かれる男性が理想だ。