減量に適したプロテイン

一昔前まで、プロテインの摂取は一部のアスリートがすることでした。しかし、昨今では、ごく一般の人々が日常的に購入しています。中でもダイエットに関心の強い女性が、積極的にプロテインを摂っているようです。減量を目的としたプロテインは、主に食事の置き換えという考え方で製造されている場合が多いです。それではどのようなプロテインを選べば良いのか理解していきましょう。そのためにはまず動物性プロテインと植物性プロテインの違いについて知る必要があります。

プロテイン

まず、動物性プロテインですがホエイプロテインとカゼインプロテインが該当します。ホエイプロテインは牛乳に含まれる乳清タンパクがメインのプロテインです。体内への吸収が大変早く、筋力トレーニングの直前などに飲まれるものです。またガゼインプロテインも同様に牛乳から作られている動物性プロテインですが、ホエイプロテインに比べると、消化吸収に時間がかかるため、就寝前などに飲むものです。

プリオン病とは

さて、主にダイエットに適しているのは、植物性プロテインのソイプロテインです。ソイプロテインは大豆から作られ、植物性のタンパク質を豊富に含んでいます。大豆のタンパク質は動物性タンパク質に比べて、長時間体内にとどまり、ゆっくりと分解され、吸収されていきます。つまり他の消化吸収の早いプロテインに比べて、長時間に渡る満腹感が得られやすく、減量にはもってこいの性質をもっています。また大豆にはイソフラボンやサボニンという成分が含まれ、抗酸化作用やコレステロール値の低下作用があり、健康的に減量したい人たちに大変人気があります。

ビタミンB6が多い食品・食べ物ランキング10 | ダイエットSlism

おすすめのプロテインとしてはSAVASシリーズの『ウエイトダウン』やKentaiの『パワープロテイン プロフェッショナルタイプ』などがあります。しかし、特定のブランドのものというよりも、購入の際、原材料をきちんと確認することが大切です。ソイプロテインならば、必ず原材料が大豆と表記されています。最近はソイプロテインとホエイプロテインの混合型の商品なども出回っていますが、目的に合わせて正確に選ぶようにしましょう。

また、ソイプロテインは減量したい女性向けと考えられがちですが、過剰な男性ホルモンを調節するなど、ホルモンバランスを整える働きがありますので中高年の男性にもおすすめです。原材料が大豆のため、少々飲みにくいようですが、野菜ジュースに混ぜ込むなど工夫して摂取してみてはどうでしょうか。