お見合い結婚するんだって言ったら友人に鼻で笑われた

今の世の中、結婚の主流は恋愛結婚だ。お見合い結婚の率はわずか5%と言われており、完全にマイノリティである。しかも『お見合い結婚』=『自分で結婚相手を探すこともできない甲斐性なし』、もしくは=『恋愛相手もできないいけてない人間』という考えが蔓延しており、『お見合い結婚はかっこ悪い』と思われている。



しかし結婚相手の確保というミッションが個人に委ねられた今、既婚率は下がり、出生率の減少にも歯止めがかからないのが現状だ。

個人的に言えば、結婚しようがしまいが個人の自由だし、お見合いだろうが恋愛だろうが出会いには変わらないだろうと思う。

結婚相談所-オーネット: 再婚をお考えの方へ

結婚したいと思っている同士が、しかも条件を明確にして堂々と顔を合わせられるのだから、お互いの腹の内を探り合う合コンなどよりよほど明快で手っ取り早い。システムが確立されているから、会ってみて気に入らなかったとしても、経歴に傷をつけずに断ることができる。間に仲人が入っているから、その際に個人情報を漏洩する必要もない。過剰な期待がない分お互いに対する満足度も高く、恋愛結婚の40%に比べて離婚率も10%と少ない。

結婚希望者が婚活にあえいでいる現状を考えれば、非常に合理的かつシステマチックな制度ではなかろうか。

Sorisso【ソリッソ】 --- お料理合コンのご紹介☆お料理教室をお探しの男性にもおすすめです!レンタルスペースとして使っていただきたい「料理を通したコミュニケーションサロン」

勿論、結婚は当人同士の意思が一番大切だ。本人の思いにそぐわないお見合い結婚は良くない。しかし当人たちの意思が確かなら、お見合いというのは案外先進的なシステムではないかと思うのである。